私の考える開運

開運。運が開くと書きますね。運が勝手に開けていけば言うことなしなのですが、いつもいつも簡単に運が開けて行くわけではありません。
私自身、神社やパワースポットなどにもとても興味はあります。最近はそういった雑誌記事やテレビ番組も多くてとても注目されているから気になるのは確かです。
時々、一人になってボーッとする時間の出来た時には、一日中あちこちの神社にお参りして歩いたこともあります。
ただ、神社にしろパワースポットにしろわざわざ行かなくてはいけない場所です。そうでは無くていつも身近にあって、いつでも開運に繋がるための行動をしたいと常々思っていました。
私が常日頃からしているのが、塩の力を借りることです。開運の為にも、身を清めると言う意味でも塩のパワーに注目しました。
家の土地の周りに、塩を盛り塩というか、盛ってそこで拝んでいます。
それは、開運に繋がると思っています。自分の住んでいる所を清めて良い運を呼び込む事になるのではないでしょうか。
そして、ご先祖様を大切にすることで運が開けていくとも思っています。縁があってずっと続いてきたからこそ今の自分があるのだと思った時に、ご先祖様の大切さありがたさがとても身にしみます。
そういう思いがあって、私はこの所御墓参りをするのが好きになってきました。感謝することで今よりもっと成長した自分になれるような気がします。
私が思う開運は、決して高価な財布やアクセサリーなどのものに頼るのではなくて、自分の心の持ちようというか、心が決めるのではないかと思うのです。
思いっきりパアッと開運出来れば嬉しいですが、人生なかなかそうは上手くはいかないと思います。少しずつでも、上り調子ならそのことに感謝して歩んでいければ素敵だと思うのです。