ニキビの芯を取り除くコメドプッシャー

お得なラ・ミューテ公式サイト↓

自分でニキビの芯をきれいに取れるコメドプッシャーとは?

芯のあるニキビができてしまったとき、目立ってしまうので早く治したいですよね。

 

メイクで隠せれば良いのですが、大きなニキビだとファンデーションやコンシーラーでも隠すことが難しくなってしまいます。
自分でニキビを治したいと思ったら、ニキビの芯をきれいに取ってみましょう。

 

 

ニキビの芯をきれいに取り除くためには、「コメドプッシャー」と呼ばれる器具を使います。

 

薬局

 

コメドプッシャーは、毛穴に詰まっている角栓を取り除くことにも使われており、ニキビを予防するために使っている人も多いです。
薬局やドラッグストアなどで販売されており、市販で見つけられない場合にはインターネット通販でも手に入れることができます。

 

価格もそれほど高くはなく、誰でも気軽に購入できます。

 

コメドプッシャーにはさまざまな形のものがありますが、先端が丸くて厚みがあるものは、肌に負担を掛けずに使用できます。
軽い力でニキビに芯を押し出すことができるので、刺激を与えたくない大きなニキビには丸みのあるコメドプッシャーを使いたいですね。

 

コメドプッシャーの正しい使い方を知って、ニキビの芯をきれいに取り除きましょう。

 

 

どのように使うの?

 

ニキビの芯をきれいに取り除くために、コメドプッシャーの正しい使い方を知りましょう。
ニキビに刺激を与えずに、軽い力でコメドプッシャーを使うことがポイントです。

 

コメドプッシャーを使うタイミングは、お風呂上りなどで肌が柔らかくなっているときです。
肌が清潔なほうが良いので、お風呂で洗顔をした後や、洗顔後に蒸しタオルで顔を温めた後などが良いでしょう。

 

コメドプッシャーは、使う前にあらかじめ熱湯などで消毒をしておきます。
肌もコメドプッシャーも清潔な状態でニキビの芯を取りましょう。

 

肌とコメドプッシャーを清潔な状態にしたら、ニキビにコメドプッシャーを軽い力で押し当てます。
ほとんどの場合には、あまり強い力で押し付けなくてもニキビの芯が出てきます。

 

ニキビの芯が出てきたら、ガーゼや柔らかいティッシュなどで芯を取り除き、洗顔またはアルコール消毒をしましょう。
もしも軽く押してもニキビの芯が出てこないときには、無理に芯を押し出そうとしないように気を付けましょう。

 

無理に芯を押し出そうとすると、毛穴が開いたり色素が沈着してニキビ痕が残ってしまう可能性があります。
きれいにニキビを治すためには、余計な刺激を与えないことが大切です。

 

 

使っても良いニキビと悪いニキビ

 

ニキビの芯を取り出すときには、コメドプッシャーを使っても良いニキビか悪いニキビかを判断しましょう。
コメドプッシャーを使うことで悪化させてしまうニキビもあるので、ニキビの色や状態を見ながら、コメドプッシャーの使用を決めたいですね。

 

コメドプッシャーを使って芯を取り出しても良いのは「白ニキビ」です。
真ん中に芯があって白っぽく見えるニキビは、毛穴に余分な皮脂や角栓が詰まっています。
このようなニキビの場合には、コメドプッシャーを使って芯を取り出すことで、きれいにニキビを治せる可能性が高いです。
ニキビが悪化して炎症を起こしてしまう前に、ニキビの芯を取り除いてしまいましょう。

 

コメドプッシャーを使わないほうが良いのは「赤ニキビ」です。
赤く見えるニキビは、白ニキビや黒ニキビが悪化して炎症を起こしている状態です。
このような状態のニキビの芯を取り出そうとすると、炎症を起こしているニキビにさらに刺激を与えてしまうことになります。
肌の真皮層にまでダメージが及び、ニキビ痕がクレーターのような状態になってしまう恐れもあります。
ニキビが赤くなってしまっている場合には、コメドプッシャーを使わずに市販薬や処方薬でニキビを治していきましょう。

 

 

ラ・ミューテ ↓初回半額はここだけです!!