なぜニキビにのクレーターができるのか

お得なラ・ミューテ公式サイト↓

ニキビのクレーターができやすい人とできにくい人の違い

ニキビのクレーターは、できやすい人とできにくい人がいます。
クレーターができやすい人は、やはり普段からニキビができることが多いようです。

 

できたニキビは酷い炎症を起こしてしまうことが多く、結果的にクレーターのような酷いニキビ跡が増えていってしまうのです。
ニキビが何度もできることで肌が弱くなっていき、色素が沈着していきニキビ跡が増えてしまうということもあります。

 

普段からニキビがよくできる人は、自分がニキビができやすい体質であることを気にするようにして、肌に良い生活をしていくことが大切です。
睡眠時間をしっかり確保して、栄養バランスが整った食事をしましょう。

 

睡眠

 

また、ニキビができやすい人は、過剰なスキンケアをしている可能性があります。
ニキビができないように、またはニキビ跡が残らないようにと気を付けるあまり、1日に何度も洗顔を行ってはいませんか?
洗顔のしすぎは、肌を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまうことにつながります。

 

肌を守るバリアがなくなってしまうと、肌が自分自身を守ろうとしてさらに皮脂を分泌してしまい、逆にニキビができてしまうことがあります。
ケアのしすぎは逆効果になってしまうので、丁寧な洗顔を1日に2回ほど行うようにしましょう。

 

ニキビのクレーターができにくい人は、どのような人なのでしょうか?
クレーターができにくい人は、普段からニキビができにくい生活を送っている人が多いです。
規則正しい生活を送り、睡眠もしっかりととっています。
食事も栄養バランスを気にしていれば、さらに綺麗な肌を保てるでしょう。

 

また、クレンジングや洗顔を丁寧に行っているので、その日の汚れはその日のうちに落とし切ることができます。
メイク汚れや皮脂汚れ・古い角質を溜めないようなスキンケアを行っていればニキビはできにくいですし、できてしまったとしてもすぐに治るでしょう。

 

普段からニキビができやすい人でも、ニキビができにくい人のように規則正しい生活を送れば、少しずつ体質を改善していくことは可能です。
過度なスキンケアではなく、正しいスキンケアの方法を学ぶことも大切ですね。

 

もともと肌弱くてどうしても体質を改善できないという場合には、クレーターができてしまう前に皮膚科に行って医師に相談してみることをおすすめします。

 

 

なぜクレーターになるのか?

 

ニキビが治った後に、肌が凹んだようにできてしまうニキビ跡のことを「クレーター」と言います。
クレーターは一度できてしまうと綺麗に治すことが難しく、自分でケアをして治そうとすると時間がかかってしまいます。

 

思春期にできてしまったクレーターが大人になっても綺麗に治らず、悩んでいる人は多いです。

 

では、クレーターはどのようにしてできてしまうのでしょうか?

クレーターは、皮膚の真皮層にまでニキビのダメージが及ぶことでできてしまいます。
ニキビが赤くなってしまっていると、炎症を起こしている証拠です。
できるだけいじらないように気を付けていれば自然に治ることが多いですが、何らかの原因で炎症が酷くなってしまい、なかなかニキビが治らないこともあります。
炎症が長引くことが、ニキビのクレーターを作ることにつながります。
ニキビの炎症が長引いているように感じたら、市販薬を使用するか、皮膚科に行って薬を処方してもらうことをおすすめします。

 

また、すでにクレーターができてしまっている場合には、ターンオーバーを活性化させる努力をしてみましょう。
肌のターンオーバーが活性化されれば、クレーターが少しずつ目立たなくなっていくかもしれません。

 

生活習慣や食事のバランスを見直してみましょう。

 

 

違いは肌質?それともケア方法?

 

クレーターができやすい人とできにくい人の違いは、「肌質」と「ケア方法」のどちらも考えられます。

 

もともと肌が強く、ニキビができにくい人はいます。
逆に、肌が弱くて、少しの刺激でニキビや肌荒れを起こしてしまう人もいます。

 

また、皮脂の分泌量が人よりも多かったり、肌が乾燥しがちなことが原因でニキビができやすい人もいます。
まずは自分の肌質を把握して、肌質に合ったケア方法を考えていきましょう。

 

自分の肌質に合ったケアをできていれば、ニキビを防げるでしょう。
人よりも肌が弱く、すぐに乾燥してしまうという人は、洗顔後の保湿ケアに気を遣ってみましょう。
化粧水と乳液だけでは足りないと感じている場合には、美容液や保湿クリームをプラスしてみることをおすすめします。
肌が乾燥しがちになっていると、肌が自分自身を守ろうとして皮脂が過剰分泌されてしまいます。
この過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まるなどして、ニキビができてしまうのです。

自分はオイリー肌だと思っている人も、乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されてしまっていると考えられます。
化粧水を使うだけでは水分を肌に閉じ込めることができないため、必ず化粧水の後に乳液や美容液を使いましょうね。

 

また、敏感肌で常に肌のピリピリ感を感じている人は、今使っている洗顔フォームや化粧水を見直してみましょう。
敏感肌用の刺激が少ない洗顔フォームや化粧水を使えば、敏感肌を改善できるかもしれません。

 

クレーターができやすい人は、普段のケア方法が原因である可能性もあります。
洗顔をしっかりと行っているのにニキビができやすいなら、洗顔の仕方と回数に注目してみましょう。
肌を常に清潔に保とうとして、1日に何度も洗顔をしてしまってはいませんか?

 

過剰な洗顔は、肌のバリアを壊すことにつながります。
ニキビを防ぐために洗顔をしていたのに、逆効果になってしまっているかもしれません。

 

洗顔は優しく丁寧に、1日2回ほど行うように改善してみましょう。
汚れを落とすために、ついつい強い力で洗顔をしてしまう人は多いかもしれません。

 

ですが、洗顔の際の摩擦は肌への刺激になってしまいます。
肌荒れを繰り返していて気になる部分は、無駄な力が入りにくい薬指で優しく撫でるように洗いましょう。

 

洗顔後に水分を拭き取るときも、やわらかいタオルを顔に優しく押し付けるようにしましょう。
普段のケア方法に少し気を遣うだけで、ニキビが減っていくでしょう。

ラ・ミューテ ↓初回半額はここだけです!!