食生活との関係性

お得なラ・ミューテ公式サイト↓

食生活との関係性

急にニキビが出来た!それってもしかして、食べ物が原因かも?

 

食と肌は密接な関係にあります。

 

コラーゲンたっぷりの鍋を食べれば次の日にはぷるぷるの肌になっているでしょうし、美容ドリンク、ビタミンドリンクなんかも翌日すぐに効果を実感できる商品が多いですよね。

 

逆に言うと、肌に悪い食品もすぐに症状として現れます。

 

チョコレートをたくさん食べたりファーストフードをがっつり食べた数日後…ニキビが肌荒れが!なんて経験ありませんか?

 

それだけ食事が私たちの体に与える影響はとても大きいのです。

 

では、どんな食品が肌に良くて、どんな食品が肌に悪いのでしょうか?

 

 

ニキビができやすい食品

 

よく、脂っこいものや甘い物、チョコレートが肌に悪いニキビが出来るなんて言われていますよね。

 

実は特定の食品をたくさん食べたからといって確実にニキビが出来る、なんてことはないみたいです。

 

けれども、動物性脂肪や糖質の過剰摂取は胃腸にも負担がかかりやすく、肌荒れを起こさせる原因となる可能性があります。

 

また、カフェイン、香辛料、アルコール類も摂りすぎると皮脂腺を刺激したり内臓に負担がかかるのであまり好ましくありません。

 

一番言えるのは、一つの食品の過剰摂取。

 

もちろん、ダイエット中で食べたいものを我慢しているとストレスでニキビが出来てしまうこともあるでしょうし、無理のない範囲で健康的な食生活を送るようにしましょう。

 

 

ニキビが出来たときにおすすめの食品

 

ニキビをできるだけ早く治したい!!

 

そんな時は、いろいろな栄養をバランスよく摂取してください。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ミネラル
  • コラーゲン
  • 食物繊維

 

どれも肌状態を改善するためには欠かせない栄養素です。

 

特におすすめしたいのが、鶏肉を使った煮物、魚介のスープ等ではないでしょうか。

 

油分を使わずたっぷり栄養を補給することが出来ますし、野菜もたくさん摂ることが出来ますよね。

 

肌が荒れたときにはビタミンC、といわれていますが、ビタミンCは一度にたくさん摂りすぎても摂り過ぎた分はすぐに排出されてしまいます。

 

そのため、一度にたくさん、ではなく毎日適量のビタミンを摂った方が良いでしょう。

 

他にもきんぴらごぼう、煮魚、水炊き鍋。

 

油分はあまり使わない和食中心の食生活を送れば、油分過多になることもなく、野菜もたっぷりと摂ることが出来、低カロリーで肌に優しい食生活を送ることが出来るでしょう。

 

サプリメントでの栄養補給も良いですが、やはり直接食品から栄養を補うことが、一番です。

 

 

肌が荒れたときは食生活にも注意をしましょう!

 

もちろん食生活だけではなく、スキンケアも徹底して肌に優しく負担をかけないようにしてください。

 

食生活だけでも、スキンケアだけでも、綺麗な肌を維持できる程ニキビは甘くありません。

 

普段から徹底的なスキンケアを行っていればちょっとした食生活の乱れはカバーすることが出来ます。

 

けれども万が一ニキビが出来てしまったときは、普段以上に食生活に気を使ってみても良いかもしれませんね。

ラ・ミューテ ↓初回半額はここだけです!!