ニキビの簡単な治し方

お得なラ・ミューテ公式サイト↓

ニキビを一日で治すことは可能?  

 

基本的なことですが、赤ニキビなどの炎症を起こしているニキビなどはさわってはいけません。

 

触ってしまうことでニキビ跡が残ってしまったら後悔することになるからです。

 

たかがニキビとあなどらないほうがいいです。

 

そして、ニキビができたら一日で治し方ですが、一日という期限を切ってしまうとこれは人によるとしか言いようがありません。

 

ですからできるだけ早く治すというニキビの治し方を紹介します。

 

ニキビは皮膚疾患になるので、基本的には専用の薬を使って治すことになります。

 

ニキビの集中ケアのポイントですが、炎症が起きていればそれを抑えることが大切です。

 

そして、毛穴のつまりを解消しましょう。

 

 

皮膚科に駆けこんで治療薬をもらう

 

もっとも早く治す方法は皮膚科で薬をもらうことです。

 

市販の塗り薬よりも皮膚科で処方してもらう薬の方がずっと効果が高いからです。

 

自分の肌の状態がどうなっているのか見てもらえますし、ニキビにあった薬を出してもらえるのですから、自分のどんなセルフケアよりも効果的ですし安心感もあります。

 

炎症が起きている場合は抗生物質が処方されるでしょう。

 

飲み薬で内側からケアすることでニキビの治りが早くなることが期待できます。

 

 

テラコートリル軟膏を塗るのも効果的

 

市販薬のテラコートリルを使ってみるといいでしょう。

 

少したっぷり目に綿棒にとって、ニキビにつけ、そこから取れないように絆創膏を貼って一晩置いてみます。

 

ステロイドの入っている薬ですから、ニキビを今すぐなんとかしたいというときにとっておきの薬です。

 

即効性がある方法ですが、効果は肌質によるので、あくまで自己責任で行って下さい。

 

 

最短で治す方法

 

ニキビを最短で治す方法ですが、これはしっかり睡眠をとるに限ります。

 

睡眠は心身の疲れを癒すためには必要なものです。

 

睡眠中は成長ホルモンや女性ホルモンの分泌が盛んになるので、正常な肌のターンオーバーを促してくれるのです。

 

ですから、しっかりと睡眠をとることはニキビを治すには欠かせないことです。

 

夜更かしを避け、質の良い睡眠をとるようにすると、ニキビができにくい肌質になりますし、現在できているニキビを治す最善の方法となります。

 

睡眠で特に意識したいのは、夜22から2時の時間帯に睡眠をとるというものです。

 

この時間帯は肌のゴールデンタイムと呼ばれています。

 

肌の再生力がアップする時間帯なので、この時間帯に睡眠をとるようにこころがけましょう。

 

 

食べ物にも要注意

 

ニキビの改善には、ニキビに効果のある食事が大切です。

 

食べ物に含まれるニキビに効く成分は、健康な身体や肌を作る為に必要な成分です。

 

ニキビは、身体や内臓の不調によってできることがあります。

 

そこで、肌や内臓の機能を向上させ、さらには肌や体の状態が健康になることで、ニキビができにくい肌を作るのです。

 

長期的にニキビができにくい肌を作るためにも、食べ物に気を遣うことはとても大切なのです。

 

 

ビタミンCがニキビを治すには最適な栄養素となります。

 

美肌作りに欠かせないのがビタミンCというのはよく知られています。

 

ビタミンCは、抗炎症・抗酸化作用によってニキビの炎症を抑えることができるのです。

 

さらに、ビタミンCの持つターンオーバーを促す作用によって、肌の生まれ変わりを活発にしてくれるのです。

 

また、ビタミンCは非常に壊れやすい成分ですから、可能な限り生で食べるようにしましょう。

 

一方で、生で食べると危険な食材もあるので、そのときは必ず加熱するようにしましょう。

 

加熱する場合は、なるべく短時間に抑えるのがコツですよ。

 

ビタミンC以外にも、ビタミンEやビタミンB群、さらにはビタミンAといったビタミン類がニキビに効果があります。

 

そして、亜鉛、乳酸菌、食物繊維などもニキビを治すのに効果があることがわかっています。

ラ・ミューテ ↓初回半額はここだけです!!