大人ニキビ・思春期ニキビ

お得なラ・ミューテ公式サイト↓

大人ニキビ・思春期ニキビ

ニキビといっても赤ニキビ、白ニキビ、黄ニキビと種類は様々。

 

もちろん種類によって対処方法や悪化具合は違います。

 

そしてニキビの種類は症状だけではありません。

 

実は年齢によってもニキビの種類は違い、対処方法や原因も全く変わってくるのです。

 

同じニキビでも、10代でできるニキビと20代以降にできるニキビは違います。

 

10代のうちにできるニキビは思春期ニキビとも呼ばれており、思春期特有の皮脂の過剰分泌が原因でできるニキビです。

 

この時期はいくら肌に気を使っても、きちんとスキンケアをしていても、成長ホルモンの関係で皮脂分泌が不安定になっているためニキビが出来てしまうことも多いでしょう。

 

20代に入ると成長ホルモンも安定し皮脂分泌量も元に戻るので思春期ニキビが出来ることもなくなります。

 

ほとんどの人が、20代以降からは肌荒れが起こりにくい安定した肌状態となるのです。

 

 

大人ニキビとは?

 

大人ニキビは、20代以降にできるニキビです。

 

ニキビは20歳まで、それ以降はニキビではなく吹き出物。とも呼ばれていますが、吹き出物も、大人ニキビもどちらも同じものです。

 

ホルモンバランスが安定して皮脂量も通常通りになったとしても、ニキビが出来る場合はあります。

 

その原因はさまざまで、人によって食生活、睡眠不足、ストレスにスキンケア、生活スタイル、飲酒喫煙、使用している化粧品やホルモンバランス等違います。

 

そのため、人によって大人ニキビが出来る原因は全然違うのです。

 

また、思春期ニキビは皮脂量が原因でできるのでもともと油分が分泌しやすいTゾーンや小鼻、頬等にできやすいと言われています。

 

しかし大人ニキビは部位によって原因が違い、特に口周りは内臓や体内環境の乱れが原因でできるので大人ニキビができやすい部位といって良いでしょう。

 

肌の乾燥や老化、生活スタイルが原因でできてしまうのも大人ニキビの特徴といって良いでしょう。

 

健康的な生活を送っていれば、基本的には大人ニキビはできません。

 

もし大人ニキビが出来たときは一度原因を思い返してみましょう。

 

スキンケアを変えていないか、ストレスが溜まっていないか、甘い物をたくさん食べたりや油分過多な食生活を送っていなかったか。

 

原因を知ることが出来れば大人ニキビも改善することが出来ますし、今後ニキビが出来にくい肌状態を保つこともできるでしょう。

 

思春期ニキビと違い自分自身に原因があるからこそ、改善しやすいというのも大人ニキビの特徴の一つなのです。

 

ラ・ミューテ ↓初回半額はここだけです!!